「銀座余情〜能と狂言〜」 <好評発売中>
2年連続チケット完売した注目公演「銀座余情〜能と狂言〜」が今年も開催決定!
GINZA SIXの地下3階に位置する観世能楽堂にて、東西の豪華出演者による珠玉の2公演。

[13時開演・能公演]は、好評の村上湛によるお話にはじまり、狂言方・山本東次郎(人間国宝)作の新作狂言「霜夜狸」の謡に、
太鼓方・三島元太郎(人間国宝)が作調した狂言一調「うれしき春を」初演。
能は、一昨年の「定家」、昨年の「卒都婆小町 一度之次第」で
好評を博した大槻文藏(人間国宝)をシテに迎え、名曲「隅田川」を上演いたします。

[17時開演・狂言公演]は、今年も人気の「東西狂言」。
西の京都・茂山家による「蝸牛」、そして東の野村家による「痩松」「舟渡聟」をお届けいたします。

銀座余情2019


銀座余情2019

Copyright(C) SECTOR88 All Right Reserved. 内容を無断転用することは、著作権法上禁じられています。
セクターエイティエイト サイトマップ